yudo-fuブログ

営業職会社員が通勤電車よりお届けするブログ

クラフトビールについて調べた事のまとめ

クラフトビール

どうもビール大好きyudo-fuです。

クラフトビールて言葉聞いたことありますか?

以前から言葉は知っていましたが、実はよく知りませんでした。コンビニで良く見かけるもののイマイチわかりません。

しかし最近クラフトビールを飲むようになってその飲みやすさに感動し、勢いで色々調べてみました。

今回はクラフトビールについて調べた事をまとめたので、飲みの席のネタにでも使ってもらえたら嬉しいです。

クラフトビールとは

クラフトビール (英語: craft beer) とは、英語で「職人技のビール」「手作りのビール」などを意味する表現で、大手のビール会社が量産するビールと対比して用いられる概念。日本語ではクラフトビアと表現されることもある。地ビールとも呼称される。wikiより

クラフトビールとは簡単に言うと小規模なビール製造所でつくられたビールの事です。

小規模な製造所で作られているので製造量も少ないので大手メーカーのビールに比べてマイナーではありますが、こだわりや地域性、品質重視のビールを「クラフトビール」と思ってもらえるとわかりやすいでしょうか。

ちなみにこれは日本のクラフトビールの定義でアメリカではまた違います。

アメリカ合衆国における小規模なビール醸造所(マイクロブルワリー)の業界団体であるブルワーズ・アソシエーション(英語版) (BA) は、クラフト・ブルワリー (craft brewery) を 「小規模、独立、伝統的 (small, independent and traditional)」と定義している。具体的には、年間生産量が600万バレル(米国ビール用バレル)(約70万キロリットル)以下、自身がクラフト・ブルワーではない他の酒類製造業者の支配する資本(株式)が25%未満、伝統的手法に革新を盛り込んだ原料と発酵技法を用いることがクラフト・ブルワリーの条件とされている。wikiより

クラフトビール地ビール、普通のビールの違い

地ビールとは

ビールの最低製造数量基準が2000klから60klに緩和されたことを受けて全国各地に誕生した地域密着・小規模醸造のビール会社による、地方ローカルブランドのビールを指す。クラフトビールとも呼ばれ、醸造するビール会社や醸造所をマイクロブルワリー、クラフト・ブルワリーなどと呼ぶことがある。日本国内でも、2000年代に入ってからのブームでは、クラフトビールと呼ぶことが多い。wikiより

地ビールクラフトビールも同じものですが、地ビールは1994年の規制緩和によっておきた地ビールブームで広まった名称。

もっとわかりやすく言うと個性あふれるビールを少量生産するメーカーのビールを「地ビールと言います。

2003年頃にはそのブームは終わりを迎えますが、変わって先の説明にも出てきた「職人技のビール」と言うイメージでクラフトビールに名を変え再びブームになります。

普通のビールとの違いは生産数または大手ビールメーカーの大量生産品との対比で使われる言葉です。

味や飲みやすさは

当たり前の話ですが、クラフトビールの味も銘柄によって変わります。

飲みやすクラフトビールはビール特有の苦みの少ない物がおススメです。 ビールの種類としてはヴァイツェン、ホワイトエール、フルーツビールと言った所でしょうか。

コンビニやスーパーで買えるビールの銘柄としては

クラフトビールについて調べていたらその種類の多さにびっくりしました。

コンビニで買える銘柄を入り口に、お酒屋さんやビールの充実しているスーパーを回ってお気に入りのクラフトビールを探して見たいと思います。