yudo-fuブログ

営業職会社員が通勤電車よりお届けするブログ

私的サカナクションベスト10

www.instagram.com

サカナクションのニューアルバムが発売されたので便乗して私のお気に入り曲をランキング形式で紹介したいと思います。

この記事を書くにあたり、色々な人のランキング記事をチェックしたのですが、ファン投票でも1位になった「目が藍色」、サカナクションの名刺がわりと言える「新宝島」は入っていません。

ファン歴は浅い方ですが、新旧混ざったなかなか面白いランキングになったと思っています。それでは早速

第10位 

セントレイ

初のマキシシングルとなったこの曲。 曲の完成度が高くて初めて聞いた時はアルクアラウンド以降のリリースかと思ったのですが、アルクアラウンドより二年も早いリリースでした。

今とは違うギターが全面に出てるバンド感が凄い好きですが今に続くサカナクションらしさも感じられるというので気に入ってます。

この曲で初めてテレビに出ることになったサカナクションですが、「こんな事やるために音楽やってるんじゃない」 と山口氏は泣いたそうです。 見た目のイメージではそういう弱さを見せない人だと思っていたので意外でした。

それだけ音楽に真摯に向き合ってると言う事でしょう。

第9位

Aoi

NHKのサッカーテーマ曲として書き起こされた曲で、高校サッカーのテーマソング「ふりむくな君は美しくい」をロックにしてみたテーマでつくられたそうです。

この曲はコーラスがとても魅力的ですね。

サカナクション魅力の1つにコーラスの心地よさがあると思いますが、この「Aoi」はコーラスで歌が始まります。 いきなりのコーラスはサッカースタジアムでのサポーターによる合唱を連想させます、 その後の山口氏のサビが胸に響きます。

このバランス感覚と言いますか、メリハリにテンションがあがります。

歌詞に登場する「青さ」と言うワードは日本代表のサムライブルーや未熟だけど勢いある若さ、そして静かなる闘志を連想させて、サッカーをうまく表現できていますね。

第8位

「バッハの旋律を夜に聞いたせいです。」

この曲は不思議な中毒性がある曲。 サビがずっと繰り返し流れているような曲で、飽きずに聞けるのはリズムとこれもコーラスが心地よいからだと思います。

リズム同様歌詞も「バッハの旋律を夜に聞いたせいです」が繰り返し歌いたくなる不思議なワードですね。

MVも人形とダンスする山口氏が印象的です。 サカナクションはこの「バッハの旋律を」もそうですが、ダサさとカッコ良さの紙一重を絶妙に渡ってくるセンスが素晴らしいです。

第7位

三日月サンセット

サカナクションのデビューアルバムからの一曲。 この曲を作った頃の山口氏は日本の音楽シーンを変える!みたいな意識高い事を思っていたらしいけど、デビューアルバムでこんな完成度の高い曲を作ると言うのは音楽に対する才能と自信の現れだと思っているし、本質は変わらないと感じさせてくれた一曲。

このエレクトロ感はサカナクションならでは。

第6位 

多分、風

サカナクションは新曲程好きと言う最高に相性の合うバンドなのですが、この「多分、風」も過去の名曲達を押し退ける程好きです。

途中の風を表しているような音の感じやサビの懐かしい歌謡曲テイスト、爽やかな風を感じさせるメロディ。

山口氏のメロディメーカー振りと、それをどの音を使って表現するのか選択しまとめあげるセンスは本当に凄いと思う。

どこか懐かしいけど、あの曲に似てる、聴いたことあるとは思わない所が才能なんでしょう。

第5位 

涙ディライト

ピコピコ鳴ってるエレクトロ感も心地よい4つ打ちのダンスロック。 メンバーが入れる入れないで喧嘩になったと言うクラップも王道だけど入れて正解だと思います。 私の好きな草刈氏のカッコいいベースも堪能出来る良い曲ですね。

歌詞も文学的でとても気に入ってます。特に

行けよ 君が僕を通り過ぎて流れる涙

行けよ 夜が僕を通り過ぎてしまう前に、

と詩的な表現に山口氏のセンチメンタルさも見れて面白いですね。

第4位 

ミュージック

サカナクションは新しい事に挑戦しながらセールス的にも成功する曲をやっているイメージなんですけど、このミュージックはフェスで盛り上がる曲でありサカナクションの集大成であり、歌詞も上京してきた山口氏の覚悟と寂しさを身近に感じさせ聞いてるこちらも前向きな力をもらえる一曲。

ファンの人はみんな好きだと思うけど、後半の「振り返った季節に立って」からの盛り上がりは異常。

第3位 

アルクアラウンド

サカナクションを知るきっかけになった曲です。 「刹那の快楽と思慮深さが同居したキラーチューン」とは良くいったもので、これぞJポップ的踊れるロック。

曲はノリノリな軽快さと切なさが同居し、歌詞は人生の目的や答えを探し歩きまわる求道者をイメージさせます。

聞くとポジティブな気持ちになる今でも大好きな一曲。

ワンカットでとられた有名なMVもこの曲のかっこ良さを際立たせます。

この地でこの地で

終わらせる意味を

探し求め

また歩き始める

第2位 

ドキュメント

アレンジから作詞まで1日で完成させるコンセプトでつくられた一曲。

途中の中国の胡弓みたいな音も印象的ですごく美しい曲です。 恋愛について歌われた曲ですが、過去の自分を受け入れて前に進む覚悟を歌っていると感じました。

歌詞も印象的ですが、特に好きなのが

この世界は僕のもの 

どこからか話してる声がするよ

すぐに何かに負けて涙ながす 

君と僕は似てるな

と切なさがたまらない。本当にこれを1日で作ったの?凄くない?

第1位 

忘れられないの

サカナクションの一番新しいアルバムの一曲目を飾る曲。

松任谷由実氏とのやりとりから五年後に理解される考えのもと作られた曲。 確かにどこか懐かしい歌謡曲をイメージさせるシティポップですね。 五年後に理解されるというのは色あせない、いつの時代でも心に響く音楽と言う事でしょうか。松任谷由実の「ルージュの伝言」や「ひこうき雲」のように。

音もソウルとかファンクな感じが、懐かしいけど新しい感じでサカナクションの考える歌謡曲と言った所でしょうか。